ヘルプの注意点 | キャバクラで働くことで、金銭的な悩みは一切なくなります
「キャバクラで働くことで、金銭的な悩みは一切なくなります」のイメージです。

ヘルプの注意点

「ヘルプの注意点」のイメージです。

どのキャバクラで働くことになっても、必ず「ヘルプ」をする機会があると思います。
今回はそのヘルプについての注意点を話していきましょう。

まずそもそもヘルプとは何かというと、お客さんを接客するキャストが他にいないときに代わりに入ることをいいます。
たとえばキャバクラでは指名が同時に被ってしまうことがあって、その際には片方にしか当然指名されたキャストはつけなくなります。
だからもう片方のお客さんの相手を別のキャストがすることになるのです。
このときに派遣されることをヘルプといいます。

ただしヘルプでの接客は、色々と注意しなければいけないことがあるのです。
まずは絶対にお客さんにベタベタしないこと。
お客さんによってはあなたに目移りしてしまう可能性が出てしまいます。
だからもし相手の方からベタベタしてくる場合は、指名している子の名前を出して「怒られますよ〜」とひとこと声をかけてあげてください。

そしてヘルプの際には、お客さんと番号の交換をしないようにしましょう。
たとえお客さんが乗り気でいたとしても、絶対に教えないようにしてください。

なぜこのようなことを意識しなければいけないのかというと、本指名をもらっているキャストと険悪なムードになってしまうからです。
あくまでもヘルプで着くお客さんの場合は人のお客さんなので、それをヘルプする人が奪ってしまうのはやっぱりよくありません。
実際にヘルプの子が人のお客さんを横取りしてそのまま喧嘩になって辞めてしまうようなことも過去にあるので注意しましょう。

またキャストはお客さんに対して大抵嘘をつくことが多いので、ヘルプの際にはそのキャストの話題をできるだけしないようにしてください。
内容によっては嘘をつかれていたことがバレてしまうので、これもトラブルの原因となります。